suspension  → リア ピロボールトーコントロールアーム
 
 【ビート リア ピロボールトーコントロールアーム】

 全長調整式のリアサスペンション トーコントロールアームです。
 ミッドシップレイアウトのビートでサーキットセッティングを進めていくと、必ずと言っていいほど必要になるのが
 「リアタイヤのキャンバー角セッティング」です。
 リアタイヤの横グリップを最大限に発揮させるためにネガティブ側へキャンバーを増やしていく方向になります。

 キャンバー数値が増えていくと、トーの数値も変化します。
 純正のトーコントロールアームでも調整幅が設定されていますが、キャンバー角度がある一定以上になると
 トーの調整幅が足りなくなります。

 そこで、リアタイヤのトー調整幅を広げることが可能になるのが【リア ピロボールトーコントロールアーム】です。
 調整幅はノーマルアームに対して-10mm~+20mm、トーインへの調整幅を確保しています。

 また、ボディ サブフレーム側のブッシュはピロボールを採用しています。
 アームの動きがスムーズになりショックアブソーバー&スプリングがしっかりと仕事をできるようになるため
 コーナリング性能が向上します。
 また、車体の挙動をドライバーのバケットシートへダイレクトに伝達するためにリア周りの状況/挙動を掴みやすくなり、
 テールスライド時などのコントロール性が抜群に向上します。
 
 ピロボールロワアームには【強度計算書】が付属しています。
 構造変更を申請することにより、公道では合法にピロボールロワアームを使用できます。

 ピロボールには高耐久性能を有するウェットタイプピロボールを採用しています。
 自動車メーカーが一部スポーツカーに純正採用しているピロボールと同タイプの構造で、グリス封入型の
 ダストブーツを有する長寿命ピロボールです。
 性能と耐久性に関してはビートでの耐久テストは勿論のこと、大型セダン車両に装着されたピロアームでも長寿命を確認しています。

 補修用ピロボールを用意していますので、リフレッシュも容易に行うことが出来ます
 製品には【改造申請用書類】を付属しています。
 ・強度検討書
 ・破壊試験結果報告書
 ・図面

 書類を元に改造申請していただくことが可能です。強度検討書は計算式をあらかじめ印刷していますので、
 必要な数値を車検証等から参照記入し計算式を完成させてください。
 改造申請は車検の前に手続きが必要となりますので日程等にご留意ください。

 改造申請の合否通知はおおむね1週間~10日ほどです。


 【構造変更通知書の発行サービス】
 上記の改造申請用書類とは別に、有償にて【構造変更通知書】の発行が可能です。当書類は改造申請手続きが不要になり
 車検時に当書類を持参、提出頂くだけで車検を受けることが可能です。ご注文時に
車検証をFAXまたは画像にて当店まで
 送信ください。書類申請を行います。
 構造変更通知書には有効期限がございませんので、車検直前でなくとも製品購入時に同時購入頂くのがおすすめです。


  ※構造変更検査になりますので、アーム以外の改造に関しては検査協会へ確認の上で受験することを推奨します。
   また車両型式は【E-PP1改】へ変更となりますのでご注意ください。
品名 価格 備考
ビート
リア ピロボール
トーコントロールアーム

¥44,000(税別)

改造車検申請書類付き
競技専用部品
品名 価格 備考
ビート
リア ピロボール
トーコントロールアーム

構造変更通知書
発行サービス

¥4,000(税別)
構造変更の申請手続きを
簡略化して、検査を受けられます
品名 価格 備考
ビート
リア ピロボールロワアーム

¥36,000(税別)
関連商品
○商品リンク
 HOME パーツラインナップ カテゴリ トップ